お薬手帳に乗せられた薬シート

女性の身体の中に存在し、女性らしい身体づくりをはじめとした様々な働きをしてくれる女性ホルモン。
女性ホルモンにはエストロゲンやプロゲステロンのように種類も様々で、精神的なバランスや肉体的なバランスを保つためにも非常に重要な役割を果たしています。
非常に重要な役割をはたしている女性ホルモンですが、40代から50代という年齢になってくると分泌される量が減っていき、様々な症状が出てしまう場合があります。
このような更年期に入ってから出やすくなる症状が、テレビでも耳にすることが増えてきた更年期障害という症状です。

更年期障害の主な症状は、のぼせや火照り、多汗、イライラ、不安などの症状が代表的な症状になります。
40代から50代の辺りになってからこういった症状を感じるようになった場合、更年期障害の症状を発症している可能性が非常に高くなります。
これらの症状は閉経を挟んで大体10年程度続くので、更年期障害になってしまったときは、我慢をせずにできるだけ症状を緩和するのが一番です。

更年期障害の症状の緩和に非常に効果的で、役に立つのがリノラルという女性ホルモン剤です。
更年期障害は卵巣機能が低下することでエストロゲンの分泌量が減り、様々な症状が出るというものなのですが、リノラルを服用すれば不足したエストロゲンを効果的に補うことができます。
厄介な更年期障害だからこそ、リノラルのような優秀な女性ホルモン剤を使って、しっかりと症状を緩和していきましょう!