カテゴリー: リノラル

散らばる様々な錠剤
リノラルの購入はこちら>>

リノラルは通販で買える?

散らばる様々な錠剤

女性だけでなく、男性も使うことができるリノラルを購入して手元に置いておきたい!と考えている人もいるのではないでしょうか。
リノラルは手元に置いておいたら安心することができる薬ですが、どのようにして購入すればいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

とても優秀な女性ホルモン剤であるリノラルですが、その副作用から、生産終了になってしまっているホルモン剤でもあります。
個人輸入代行の通販ではたまにリノラルが取り扱われているサイトもありますが、生産自体が終了しているので入手が非常に困難になっています。
ほとんどの通販サイトで、リノラルは売り切れになったままになってしまっているので、リノラル自体を購入するのは諦めたほうがいいかもしれません。
それでもリノラルの効果を実感したい!と考えている人は、リノラルの代替商品であり、リノラルのジェネリック薬にあたるNCノームの使用をオススメします。
NCノームもリノラルに含まれているものと同じ、エチニルエストラジオールを有効成分に含んでおり、リノラルと同じような効き目を実感することができます。
個人輸入代行の通販でも、NCノームなら販売されているので、リノラルを試してみたいと思ったときは、代替商品であるNCノームを購入しましょう。

ボトルからあふれる錠剤
リノラルの購入はこちら>>

どんな副作用があるのか

ボトルからあふれる錠剤

更年期障害や若年性更年期障害に特に高い効果を発揮してくれるのがリノラルですが、その分、副作用には気をつけなくてはなりません。
リノラルは安全性が高くなるように作られていますが、副作用が全くないわけではないので、リノラルの副作用についても知っておく必要があります。
また、人によっては副作用を強く感じてしまう場合もあるので、リノラルを使って更年期障害や若年性更年期障害を改善するときは、そのこともしっかり頭に入れておかなくてはなりません。

リノラルを服用することによって感じられる可能性がある副作用は、子宮からの不正出血や目眩、血圧の上昇、嘔吐などがあります。
これら以外に、下痢などの症状が出る場合もあるので、リノラルを服用するときはこれらの副作用に注意しましょう。
女性ホルモン剤を服用する場合に感じられる副作用でもあるので、リノラルの服用を続けるうちに感じにくくなることがほとんどですが、あまりにも強く症状が出る場合は医師に相談することをオススメします。

また、リノラルを大量に服用した場合、ナトリウムや体液が身体に溜まりすぎてしまったり、高カルシウム血症を引き起こしてしまうこともあります。
リノラルは安全性も確立された女性ホルモン剤ですが、使い方を間違えてしまったり、適切な服用量を守らずに一度に大量に飲んでしまうと大変なことになってしまう場合もあります。
リノラルを使うときは用法用量を必ず守って服用し、もし大量に服用してしまったときは、すぐに病院へ行って医師の診察を受けるようにしましょう。

様々な種類の薬
リノラルの購入はこちら>>

男性が使う場合もある

様々な種類の薬

体内で不足してしまっている女性ホルモンを効果的に補い、乱れたホルモンバランスを正常に近い状態へ導いてくれるのがリノラルという薬です。
女性ホルモン剤ということで、リノラルは女性が服用することが多い薬ですが、実はリノラルを使うのは女性ばかりではありません。
場合によっては男性に対しても使われることがあり、男性女性両方に使うことができる薬だといえるのです。

男性が女性ホルモン剤であるリノラルを使う場合があると言われても、いまいちぴんとこないという人も多いと思います。
女性特有の症状があるように、世の中には前立腺がんや前立腺肥大症といった男性特有の症状もありますよね。
前立腺がんや前立腺肥大症の症状は、男性ホルモンであるアンドロゲンによって進行するという特徴があり、症状を抑えるためにはアンドロゲンの濃度を低下させる必要があります。
リノラルには更年期障害などを改善すると同時に、アンドロゲンの濃度を低下させるという一面も持っています。
そのため、前立腺がんの治療をしている男性にリノラルを使用することで、症状を進行させるアンドロゲンの濃度を下げて、がんの増殖を抑えることができるのです。
つまり、リノラルには前立腺がんの治療効果も期待できるというわけなんですね。

また、一部の男性の中には、女体化を目的としてリノラルを使う人たちもいます。
更年期障害に悩む女性たちだけでなく、前立腺がんや前立腺肥大症の治療をしている男性や、女体化を狙っている男性たちからも、リノラルは頼りにされているのです。

オレンジのボトルに入った錠剤
リノラルの購入はこちら>>

リノラルってどんな薬?

オレンジのボトルに入った錠剤

厄介な更年期障害の症状の改善に非常に役立ってくれるリノラル。
リノラルはとても優秀な女性ホルモン剤ですが、女性ホルモン剤ということだけでなく、どのような特徴があるのかも知っておきたい人もいるのではないでしょうか。
更年期障害や若年性更年期障害に対して効果的なリノラルについて、理解を深めておきましょう。

リノラルは先ほどから触れているように女性ホルモン剤の一種で、体内で不足しているエストロゲンを補うことができる医薬品です。
婦人科系の医薬品を多く製造している、オルガノン社という製薬会社から販売されている薬でもあります。
有効成分としてエチニルエストラジオールという成分を含んでおり、更年期障害の症状の軽減はもちろん、不妊治療における卵巣の発育の改善治療の効果も期待できる薬になっています。
また、乱れた女性ホルモンのバランスを整えることもできるので、リノラルは女性が購入して手元に置いておいたら非常に安心できる薬だといえるでしょう。
閉経を迎えたあとは骨粗しょう症なども起きやすくなるといわれていますが、リノラルは閉経後の骨粗しょう症の改善にも効果が期待できます。
このように、リノラルは女性ホルモン剤の中でも、様々な効果を発揮してくれる、とても優秀なホルモン剤であるといえます。

非常に頼りになる特徴を持っているリノラルですが、女性ホルモン剤の中でも特に効果が高いという特徴も持っています。
そのため、副作用も強く出てしまう可能性があるので、リノラルを服用するときは注意が必要です。

白い錠剤とカプセル
リノラルの購入はこちら>>

若くても更年期障害に?

白い錠剤とカプセル

更年期障害は、名前に更年期と入っているように40代から50代の間に起きやすい症状です。
そのため、更年期特有の症状だと考えている人も多いと思いますが、実は更年期に入る前の若い世代の人たちでも発症することがあります。
これは女性の社会進出などが理由にあり、心や身体にかかるストレスや負荷が大きくなり、その結果、自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れてしまうことに原因があります。
更年期障害は女性ホルモンが減少する、つまりホルモンバランスが崩れることによって起きるので、更年期に入る前の人たちでも更年期障害を発症してしまうのです。

更年期に入る前の更年期障害は、若年性更年期障害という呼び方がされています。
若年性更年期障害は、仕事が忙しい人や夜更かしをしがちな人、大量の飲酒や喫煙などの生活習慣の乱れでホルモンバランスが崩れ、発症するパターンもあります。
また、身体に大きな負担がかかる無理なダイエットも若年性更年期障害の引き金になってしまうので、無理なダイエットは控えたほうがいいでしょう。

若年性更年期障害のサインは、意味もなく不安になったり、イライラしたり、落ち込んだりするといったものになります。
また、熱くもないのに顔が火照る、大量の汗が出るといったサインもあるので、これらの症状が出たときは若年性更年期障害の可能性が高くなります。
自分はまだ大丈夫だろうと油断をせず、もしものときに備えてリノラルを手元に置いておくことをオススメします。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén