若くても更年期障害に? | 女性の更年期障害の改善に!リノラルを手元に備えておきませんか

若くても更年期障害に?

白い錠剤とカプセル

更年期障害は、名前に更年期と入っているように40代から50代の間に起きやすい症状です。
そのため、更年期特有の症状だと考えている人も多いと思いますが、実は更年期に入る前の若い世代の人たちでも発症することがあります。
これは女性の社会進出などが理由にあり、心や身体にかかるストレスや負荷が大きくなり、その結果、自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れてしまうことに原因があります。
更年期障害は女性ホルモンが減少する、つまりホルモンバランスが崩れることによって起きるので、更年期に入る前の人たちでも更年期障害を発症してしまうのです。

更年期に入る前の更年期障害は、若年性更年期障害という呼び方がされています。
若年性更年期障害は、仕事が忙しい人や夜更かしをしがちな人、大量の飲酒や喫煙などの生活習慣の乱れでホルモンバランスが崩れ、発症するパターンもあります。
また、身体に大きな負担がかかる無理なダイエットも若年性更年期障害の引き金になってしまうので、無理なダイエットは控えたほうがいいでしょう。

若年性更年期障害のサインは、意味もなく不安になったり、イライラしたり、落ち込んだりするといったものになります。
また、熱くもないのに顔が火照る、大量の汗が出るといったサインもあるので、これらの症状が出たときは若年性更年期障害の可能性が高くなります。
自分はまだ大丈夫だろうと油断をせず、もしものときに備えてリノラルを手元に置いておくことをオススメします。